ミナミのラボ

日々の気付き、疑問を独自の視点で記載しています。

MENU

池ノ平ホテルのプリキュアルームに泊まってきました!料金やプレゼントは?体験レビュー

どうもミナミです。

今週は随分と暖かかったけど、カレンダーはクリスマスですね。

クリスマスと言えばやっぱり特別な日ですね。「特別な日には特別なことを」という事で、池ノ平ホテルのプリキュアルームに泊まってきました!その体験をレビューします。

今年は娘へのプレゼントを下記記事で用意はしました。

 

www.keyumino.com

 

出来るだけの事をしてあげたくなる

 

用意はしたのですが、随分前に有名ユーチューバーのかんなあきらチャンネルでやっている「魔法つかいプリキュアルームにお泊りしたよ」を言うのを娘が見ていました。

www.youtube.com

 

で、案の定「ここ行きたい」と言いました。

でも娘的には無理だろうと思いつつ取り敢えず言ってみただけという感じ。

でも娘がプリキュアを好きなのは知ってる。

場所を調べると長野県。車で3時間くらいかな。

 

うん、行くか。

 

旅行の計画を立てる

 

奥さんに相談したら一言。「行こう」

実際の宿泊の詳細は下記を御覧ください。

hotel.ikenotaira-resort.co.jp

 

部屋

まず部屋ですが、通常のプリキュアルームとプリキュアのドリームルームがあります。

ドリームルームはプリキュア関連の持って帰れるプレゼントがついています。あとお部屋もちょっと違うみたい。

どうせ行くならということでドリームルーム一択。

 

日程

日程ですが、やっぱりね土夜とかは高い。

一番お安い日程だと、大人一人一泊16000円。

一番お高い日程だと、大人一人一泊33000円。

 

おお、倍以上。

でもAランクからGランクまであり、週末のクリスマスでDランク。うちは一日お仕事をお休みし、休みの前の日に泊まることにしました。でEランクの料金。

うちは大人二人と6歳の娘一人と1歳の娘一人。

19000円✕2+9500円+消費税3800円=51400円

 

うーん、ちょっと勇気がいる値段。

でもまぁ娘の喜ぶ顔見たさに予約しようとサイトを確認すると、周りがもうほとんど埋まってる。

・・・予約しようとしたの10月よ?もう12月のクリスマスあたりは埋まり始めてるんですね。危ない危ない。

 

プレゼント

娘には完全に内緒で旅行出発。

どこ行くの?と聞いてきましたが、「さぁ、どこやろうね?」とはぐらかしていました。

3時間ほどかけてホテルへ到着。入ろうとすると、すでにドア自体にでっかいプリキュアのパネルが!

「あ、これ知ってるよ!」とYou Tubeの事を思い出した模様。

早速ドアを開けて中に入るともう大喜び。

「すごいすごい!」と大はしゃぎでした。

f:id:keyumino:20161224164218j:plain

f:id:keyumino:20161224164143j:plain

そしてテーブルの上にはプリキュアの紙袋が。

中身を開けるとプレゼントがいっぱい!

f:id:keyumino:20161224164321j:plain

ちょっと撮り方が下手くそでいっぱい感があまり出ていませんが、7つはいっていました。

 

プラスのプレゼントとして、プリキュアの衣装を着て写真を撮ってくれて。それを写真と缶バッチにして貰えるとの事。

「えー」と恥ずかしがっていましたが、実際に指定された場所へ着くとテンションUP。

むしろ進んで着替えて写真を撮りました。

こんな感じ。

f:id:keyumino:20161224164711j:plain

 

部屋の窓からはすぐ隣のスキー場が見えるので、雪景色が眺められました。

f:id:keyumino:20161224164822j:plain

 

たまには

たまにはこういった旅行もいいかもしれません。

一日目は温水プールで遊んで、でっかいお風呂に入って、翌日には娘は生まれて初めてのスキーをやって帰ってきました。(フルレンタルで2万5千円程かかりました)

 

奥さんも終始ご機嫌で、下の子もそれがわかるのか楽しいのか、結構ご機嫌でした。

 

交通費も考えるとトータルで8万ほどかな。うーん、痛い出費ではありますが、クリスマスくらいは家族サービスも必要かと割り切りました。

 

旅行の結果

旅行に行った結果として、僕は全身筋肉痛になりました。。プールとスキーのせいだ…

みなさまはどんなクリスマスを過ごしたでしょうか。

よいクリスマスを過ごせているようお祈りしながら。

以上、「池ノ平ホテルのプリキュアルームに泊まってきました!料金やプレゼントは?体験レビュー」でした。