ミナミのラボ

日々の気付き、疑問を独自の視点で記載しています。

MENU

夕飯抜きダイエット 3ヶ月目経過報告

f:id:keyumino:20161227233339p:plain

夕飯抜きダイエット実践 経過報告

9月の末から夕飯抜きダイエットを行っているのですが、年末は色々と断れない行事が多くなってしまいますね。

忘年会とか行って「いや、自分ダイエットしてるんで」とか言えないし。

いや、言うんですけどそれでも「でもこういう場では流石に食べますよー」と言わないと場が白けます。なので、ちょこちょことつまむ事になります。

以前の記事はこちら

 

さて、ダイエット3ヶ月が終わりました。どうなっているでしょうか。

 

3ヶ月目の経過報告

現在の体重は・・・78.6kg

 

ん?先月の体重が79.4kg

 

わずか800gしか落ちてません。(:;)

 

一応体脂肪率も測っているので、最初からの変動を書きます。

 

f:id:keyumino:20161227231633p:plain

今は13週目です。

思ったより体重の減りが少ない。でも思ったより体脂肪率が落ちていっています。

両方共徐々に落ちていることは落ちているんですが、もうちょっとペースが早く落ちると思っていました。

スタートから3ヶ月でマイナス5.4kgですね。

うーん、半年でマイナス15kgを目指しているので、ちょっとペースが悪いなぁ。

原因としては12月は4日ほど晩御飯を食べてしまいました。帰省したり忘年会で断るのが難しかったんですよね。

 

うーん、ちょっとくらい運動しようかなぁ。

 

夕飯抜きダイエットのデメリット

 

前の記事でも書いていますが、夕飯抜きダイエットの場合、リバウンド率が高いです。

それはもう安藤先生もびっくりするくらい。

 

そのリバウンドを防ぐためには、目標体重になった後、筋トレが必要です。

でもダイエットを考える人って、基本的に体が重いんです。

で、「ダイエットの為に走ろう!」とか「ダイエットの為に筋トレしよう!」って思って始めても、体が重いからしんどさが半端ないんですよね。

 

はい、経験者です。

 

なので、今回僕は夕飯抜きダイエットで、体重を落としてから筋トレを始めようかと思っています。

でもこれきっと体にはあんまり良くないんだろうなぁ。

 

あとデメリットとしては、とにかく夜はお腹が減ります。

 

感じたんですが、美味しいものって夜食べることが多いんですよね。

何か美味しいものを食べに行くって、基本夜じゃないですか。だから、美味しいものを食べる幸せをカットするというのは、人によってはかなりストレスになるかも。

 

夕飯抜きダイエットのメリット

 

この夕飯抜きダイエットを3ヶ月続けてきて、幾つかメリットも感じます。

僕自身が食にそれほど興味がないので、(美味しければなんでもいい)毎日の筋トレやランニングよりも続けやすいです。

 

でも、一人暮らしにはオススメしません。絶対に続かないから。

 

結婚してたり彼女と一緒に住んでたり、だれかご飯を作ってくれる人がいる場合は、このダイエットをやめる時に「ごめん、ダイエットやめるから御飯作って」と言わなきゃいけないんですね。

それがちょっと面倒くさいと感じるのも、続けられる一因ですね。

 

あと、一番大きいメリットが、食費がかなり浮きます。

 

晩御飯って食費の中では一番お金がかかる所です。それを数ヶ月単位でカットするので、食費としては40%くらいカットされます。

人間生きていると、家賃の次位に食費がかかるので、これはかなり大きいですね。

 

最後に

 

今僕は40手前なのですが、40歳を過ぎて夕飯を抜くと、なんか体の抵抗が落ちて別の病気になってしまいそうで本当にオススメ出来ません。

30代でなんとかできるかなという内容です。

 

わかっちゃいるんですが、一番いいのは適度な食事制限と適度な運動です。

 

わかっちゃいるんです。でも出来ないんです。なので僕は夕飯を抜いてます。

 

 

また経過報告致します。

 

本日は以上で。