読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミナミのラボ

日々の気付き、疑問を独自の視点で記載しています。

MENU

僕の車の運転を穏やかにさせた友人の一言

f:id:keyumino:20170118002828p:plain

ここ毎年交通事故自体は減っているようです。

それに伴い死亡者数も減っているとの事。

車の技術の進歩のおかげでしょうか。または警察の取締の成果でしょうか。

 

僕は車の免許を18歳の時に取得し、それから今までちょくちょく運転をしてきました。

 

車のハンドルを握ると性格が変わる人が多い

 

f:id:keyumino:20170118002804p:plain

僕は自分ではそうでもないと思っていたのですが、やはり無茶な割り込みをされたり、自分が急いでいて、道は空いているのにすごく遅い車が前にいたりすると少しイライラします。

 

遅い車は安全運転をしているとまだ理解できるのですが、特にイラッとするのが無茶な割り込みですね。

 

そういう時は穏やかにいようと思っても、イラッとしてしまう事自体は止めようがありません。

 

僕の車の運転を穏やかにさせた友人の一言

 

ある日、友人を乗せて運転をしていました。

 

その日は時間に余裕があったので、割りとのんびりと運転をしていました。

 

そして高速道路に乗ったのです。

 

高速道路もそこまで混んでいたわけではなく、ガラガラとは言えないものの、割りとスムーズに流れていました。

 

そして運転をしている僕の車の前にトラックが急に割り込んできました。

 

僕 「うわ!危ないなぁ」

友人 「ほんと、すごい運転だ。」

僕 「ああいうの見るとホントイラッとするよな」

友人 「ああ、まぁねぇ。」

僕 「他人の迷惑考えて運転すりゃいいのに。何考えてるんだか。」

 

急な割り込みで少しイラついていた僕。そんな僕に友人は言いました。

 

友人 「でもさ。」

僕 「うん?」

友人 「あの車の運転手さん、きっとう◯こが漏れそうなんだよ」

僕 「ブッw」

友人 「もう漏れそうで漏れそうで、お尻の穴めっちゃ締めながら運転してるんだよ。」

僕 「あははは、なるほど、じゃあしょうがないなw」

 

この話をされてから、僕は急な割り込みをしてくる運転手に対して、全てう◯こを我慢していると思えるようになりました。

 

そしてこの話をしてきた友人を天才かと思いました。

 

あなたの車の前に、急に割り込んで無理な追い越しをしてきた車がいたら、その運転手さんはきっとう◯こをめっちゃ我慢しています。

 

車の運転は穏やかに行きましょう^^

 

 

車の事故

 

昨今高齢者による自動車の事故が目立っています。高速道路の逆走などはその最たる例ですね。

実際に超高齢化社会に突入している日本では、確かに高齢者の事故が増えています。

 

でも、実際に数字を見てみると、

 

f:id:keyumino:20170117232935p:plain警察庁「平成27年における交通事故の発生件数」より

  

上記のグラフはバイクも含めているため、16歳から19歳が一番高いのですが、80歳以上よりも29歳以下の方が大分多いですね。

 

ただ僕が言いたいのは、どの年齢であっても事故は起こるということです。

 

知り合いから聞いた話で悲惨だったのが、事故を起こしてしまった30代の男性がいて、その被害者の方が医大生だったそうです。

 

その医大生は残念なことに亡くなってしまいました。

 

すると、遺族から加害者の男性に請求された損害賠償が、その医大生が実際にお医者さんになって稼いだであろう金額までプラスされ、数億円の請求となりました。

 

実際にどうなったかまではわからないのですが、一方的に加害者に非がある場合、お医者さんの卵を他界させてしまったとなると、かなり高い損害賠償になってもおかしくありません。

 

なので、車の運転をする場合は

 

・余裕を持って運転すること

・小さなことでイライラしないこと

 

を肝に運転しましょう。

 

結構保険に入っていない

 

2015年時点のデータではありますが、自動車保険の加入率が85%程だそうです。

 

つまり残りの15%の方は自動車保険に入っていないということです。

 

 

上記の例ではないですが、いつ自分が加害者になるかもわかりません。

 

もし、保険に入っていない状態で死亡事故を起こしたら、大げさでもなんでもなく人生終わります。 

その後の人生、全て使って賠償金の支払いをすることになります。

 

 

どんなに気をつけてても、事故を起こしてしまうことがありますので、保険にはしっかり入っておきましょう。

 

自動車保険も一括で見積もりを取ることで安く抑えることが出来ますので、必ず保険には入るようにしましょう 

 

 

 

 

 以上、「僕の車の運転を穏やかにさせた友人の一言」でした!