ミナミのラボ

日々の気付き、疑問を独自の視点で記載しています。

MENU

素敵な女性 人の好みはそれぞれ

f:id:keyumino:20170123201328j:plain

人には色々なタイプの人がいますが、あなたはどんなタイプの人でしょうか。

高校の頃はよく「どんなタイプが好きか?」で友人同士で盛り上がりました。

 

さて、人それぞれ好みはあると思うのですが、ある日友人に「ミナミの好きなタイプってどんな人?」と聞かれました。

 

僕のタイプなぞまさにどうでもいいと思うのですが、「お前おかしい」と言われた為、ちょっと書いてみようかと。

 

 

そして始まる物語 

f:id:keyumino:20170123200954p:plain


照りつける太陽。

そう、季節は初夏。

 

 

ようやく梅雨が終わり、夏の太陽が顔を見せ始める季節。

 

 

 

その娘との出会いは本当に偶然だった。

 

 


俺は自転車に乗って道を走っていた。

 

少し田舎の俺の町。天気は快晴。

 

俺の走っている道の左側は昔ながらの家が点々と建ち並び、右側には芝生の草原が広がっている。


その中で少し小高い丘があり、その丘の上には少し大きめの木が1本立っている。

 


そこにその娘はいた。

 


年は俺と同じくらいだろうか。

 

夏の太陽がよく似合うノースリーブの真っ白のワンピースの上に、レースのカーディガンを羽織っている。

 

髪は黒髪ストレートで、肩より少し下まで伸びている。足は裸足に薄水色のサンダル、頭には白い麦わら帽子。

 

 

その白によくあう透き通りそうな白い肌。

 


その木の下には誰が置いたのか、金属製の白いテーブルが一つとイスが二脚。

その娘は木陰でそのイスに座って読書をしている。

 

 


・・・天使?

 

 

思わず自転車を止め、俺はその娘を見た。

 

 

 

その時、風が吹いた。

 


その娘はページがめくれない様に本を抑えたが、それに両手を使ってしまった為、かぶっていた麦わら帽子が風に舞った。

 

 

麦わら帽子は風に運ばれ、ゆっくりと俺の足元へとやってきた。

 


その娘を見ると困ったようにこちらを見ている。

 

 


俺は帽子を拾い、その娘めがけて投げてやった。

 

麦わら帽子は風に乗り、再びその娘の下に帰っていった。

 

 

両手でしっかりと麦わら帽子を抱きかかえたその娘は、こちらを見てペコリと頭を下げ、その後、ニコっと笑った。

 


その娘はまたイスに座り読書を始めた。

 

 

 

他に誰もいない初夏の昼下がり。


太陽はサンサンと照りつける。

 

 


俺は太陽を見てこういった。

 

 

「今日も暑くなりそうだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 


僕 「っていうタイプ。」


友人 「うん、タイプじゃないね、それ。何が始まるのかと思った。それをタイプっていうお前の感性おかしいw」

 

 

失礼な。 

 

イメージは「きまぐれオレンジロードの鮎川との出会いのシーン」かな。

 

 

皆さんのタイプはどんな人でしょうか?

 

以上、「素敵な女性 人の好みはそれぞれ」でした。