ミナミのラボ

日々の気付き、疑問を独自の視点で記載しています。

MENU

未成年で逮捕された それまでの経緯とそれから彼はどうなったのか

f:id:keyumino:20170823220315p:plain

こんばんわミナミです。

高校時代の話。僕にはよく遊ぶ高山(仮名)という友人がいました。

 

その高山は一度警察に逮捕されています。

 

彼に何があったのか。その後どうなったのか。

 

今日は高山が主人公のお話。

高山 山岸

俺は高山だ。年は17。高校2年になる。

 

俺自身は多少やんちゃもする。茶髪だしタバコも吸う。って言っても周りの奴らみんな吸うけどな。

成績?40人クラスで大体5番から10番をウロウロしてるさ。下からな。

 

俺には一人頭のおかしいツレがいる。

 

そいつは山岸。

 

大体4~5人でいつもつるんでいるが、山岸はその中で唯一タバコを吸わない奴だ。

みんな茶髪や金髪にする中で一人だけ髪も真っ黒。染めたことも無いらしい。

成績もクラスで上から5番から10番をウロウロしている。

 

ヤンキー崩れのような男の集まりの中に何故かそんな奴がいる。

 

見た目も成績も真面目。性格もおっとりしている。

 

 

でも万引きの常習犯だ。

 

一度も捕まったことが無いらしい。

 

パーティ

山岸がある日「高山の家でちょっとパーティしよう」と言い出した。

 

別に何もなくても俺ん家にツレが集まってる。俺は別にいいよと言った。

 

山岸はしばらく出かけて帰ってきた。

 

「ちょっと運ぶの手伝って」

 

山岸の乗ってきたスクーターのメットインの中には、山ほどのおにぎりやサンドイッチ、お菓子にジュースが入っていた。

 

「これどうした?」

「ちょっと4,5軒コンビニ周ってきた。」

 

袋に入っていないおにぎりやサンドイッチ。

 

タダで貰えるなら特に言うことはない。こいつもやっぱりバカなんだなと思った。

 

窃盗

山岸はコンビニにあるものだったら何でも盗ってきた。

おにぎりやサンドイッチから、ポテトチップスに1.5リットルのジュースに雑誌。果てはタバコをカートンで。

 

いったいどうやってと思ったが、じっと見ていないと本当にわからない。マジシャンかこいつはと思った。

 

ここで一つ言っておくが、俺らが山岸に万引きを強要した事は一度も無い

 

また、「万引きした」と言って山岸が自分の小遣いで買っていたということも無い。

 

実際に何度も俺らの目の前で万引きしていたからだ。

 

タバコは半額で売ってもらってた。

 

 

ある日、山岸が見慣れないスクーターでうちにやってきた。

 

「このスクーターどうした?」

「駅の駐輪場に停まってた。カギ付きで。」

 

山岸はいつも姉貴のスクーターに乗っていた。

自分のバイクが欲しかったとの事。

でも置く場所が無いから、カギを置いていく代わりに置かせてほしいと言われた。

 

うちの庭はそれなりの広さがあったし、俺が持っているバイクはデカかったからコンパクトなスクーターはちょっとありがたかった。

 

それから俺は1週間ほどそのスクーターを使った。

 

山岸は結局姉貴のスクーターにいつでも乗れるようで、盗ってきたスクーターは特に使わなかった。

 

スクーターがあると便利だなと思った俺は「くれよ」と言った。山岸は「いいよ」と言った。

 

それから少し使ったけど、別のツレの野村がスクーターを欲しがってて、くれてやることになった。

 

 

その野村が警察に捕まった。

 

逮捕

野村にスクーターを渡してから10日程したある日。朝5時頃に母親に叩き起こされた。

 

「康太!あんた何やったの!?」

 

うるせーなぁと思いながら玄関に行くと見知らぬオッサンが二人立ってた。

 

「高山康太くんだね?」

「・・・はい。」

「君を窃盗の容疑で逮捕する。」

 

そのまま警察署に連れて行かれた。

 

取り調べ

わけも分からず警察署についたら、話の前に朝食が出てきた。

「警察署でも朝メシ出るんだ」なんて思いながら出されたパンと牛乳を平らげた。

 

朝食の後、野村が捕まってゲロった事を聞かされた。

 

野村は何台かバイクを所持していて、全部盗んだものだったらしい。

その入手先をペラペラ全部喋ったそうだ。

 

何枚もバイクの写真を見せられた。

 

その中に、俺が野村にやったやつがあった。山岸から貰ったやつだ。 

 

俺が盗んだと言った。

 

どこで?

駅で。

どうやって?

カギが付いてた。

他のバイクは?

知らない。

お前の他に関わっているやつはいるか?

いない。

本当か?

本当。

 

そういった取り調べを続けていると、担当が変わった。

 

次の担当は恫喝してくるやつだった。何故か「他に誰かいるんじゃないか」と執拗に聞かれた。俺はいないと言い続けた。担当が変わった。

 

次は優しいやつだった。思わず全部言ってしまおうかと思った。でもいないと言った。担当が変わった。

 

2時間おきくらいに担当が変わった。それでも俺は自分が盗ったと言い続けた。

 

開放されたのは夜。親父が迎えに来た。

 

殺される

警察署に親父が迎えに来た。

 

親父は俺の顔を見るなり思い切り殴った。

 

マジで5mくらい吹っ飛んだ。

殺されると思った。

 

警察官は

「まぁまぁお父さん。そういうことは家でやって下さい。」

 

いやいや、そこは止めろよ!やるなって言えよ!

 

 やばい、家に帰ったら俺殺される。

 

親父に連れられて車に乗った。

 

車の中で親父が言ってきた。

 

「お前がこうやって盗みをしたのは俺のせいだ。まともに構ってやる事もなかった。すまん。さっき殴ったのはポーズだ。気にすんな。」

 

他にも色々話をしたけど、やたら優しかったのは覚えている。

ただ、ポーズで本気で殴りすぎだろ。

 

その日の夜に山岸に電話した。

 

現場検証

警察署から帰ってきたら22時位だった。

すぐに俺は山岸に電話した。

 

「あのバイクって駅の駐輪場のどこに停まってた?」

「何急に?」

「いいから教えろよ。何番あたり?」

「番号までは覚えてないけど、入り口から2列目の一番手前だったよ。」

「何時頃盗ったんだっけ?」

「なんで?」

「いいから」

「14時位だったかな?ツタヤに行った帰りに見つけたから。」

「分かった。サンキュな」

「なんなんだよ」

 

翌日も警察署に呼ばれていたので行くと、そのまま駅の駐輪場に連れて行かれた。

 

「どこに停まっていた?」

「入り口から2列目の一番手前。ここ」

「どうやって盗った?」

「だからカギが付いてたんだって」

「何時頃盗った?」

「14時位だったと思う。」

 

それで終わった。

恐らく被害者の供述と合ったからだろう。

 

どうやら野村がゲロった時に、俺が他のやつから貰ったらしいと付け加えたらしい。

 

どうりでしつこかった訳だ。

 

その後

家庭裁判所に行った。

今回は特に売り飛ばしていたわけでもなく、改造したわけでもなく、持ち主にそのまま返った為か、一番軽い処分だった。

 

1週間の保護観察処分だ。

 

「反省してるか?」

「反省してます。」

 

って感じで終わった。

 

窃盗の前科がついたけど、大して気にしてない。

 

ちなみに山岸には1年位してからこのことを言った。

 

「俺の事言ってよかったのに。」

 

アホか。そんなカッコ悪いこと出来るか。

 

「でも、マジでありがとう。」

 

やめろ。痒くなる。

 

 

今は俺ももう三十路も超えて子供もいる。

山岸とは今もちょくちょく会っている。

 

会って飲むと、この話をすることもあるがいい笑い話だ。

 

最後に

友人高山が逮捕された一連を書いてみました。

 

 

高山とは今もちょくちょく会って飲んでいます。

気が置けない数少ない友達です。

 

高山はその後特に悪いことはしなかったので、前科は半年ほどで消えました。

 

山岸はその後しばらくして万引きをやめました。

 

 

ちょっと懐かしい昔のお話でした。